昔話が多いmiz氏、David Coverdaleで重箱の隅 | miz氏vol.6

Metal,メタル,音楽,ハードロック

Today is a very good day to die.       ACE of SPADES !!
Sponsered Link
↑↑↓↓よろしかったら ポチッとお願いします 励みになります↓↓

昔話が多いmiz氏、David Coverdaleで重箱の隅 | miz氏vol.6

Sponsered Link

第6弾です

 

WHITESNAKE を聞きながら、昔のことを思い出してた。
こんなに昔のことを思い出すなんて、もう年だね。前からずっと年だけど。
パートナーにも、昔話が多い、同じが話が多い、と言われてしまった。すまんね。
でも、初めて聞く人もいるでしょう?だから最後に、もう一度だけ。

 

いつ初めて読んだのかは覚えてないけど、David Coverdaleのプロフィールを読んでたら、DEEP PURPLE加入前にはブティックで働いていた、って。
「ブティック!」って思いますよね。ハウスマヌカンかよ!って(笑)
落ちもなんもないけど・・・

 

それよりかはもうちょっとマシな、トリビア的な重箱の隅。
たぶんAORシンガーのChris Reaのレコードのライナーに書いてあった情報。うろ覚えですみません。
David Coverdaleは、DEEP PURPLEに入る前にMAGDALENEというローカルバンドにいて、Davidが抜けた後にChrisが入って、そのままChris Rea名義でデビューしたと。
これが、クリスのウィキペディアには書いてあるけど、デビカバの方には載ってないんですよね。
しかもどこぞのクリス・レアのフォーラムではMAGDALENEのリードシンガーという人が、その二人とも同じ町にはいたけど、バンドには入ってないと主張してるとか書き込みもあって、謎が謎をよんでいます。
しかし、真実を知ろうとする人もそんなにいないです。
本当に重箱の隅でしょ?(笑)

 

by カエレバ

 

DAVID COVERDALE「Into The Light」(2000)

TOCP-65475

 

01. ...Into the Light
02. River Song
03. She Give Me...
04. Don't You Cry
05. Love Is Blind
06. Slave
07. Cry for Love
08. Living on Love
09. Midnight Blue
10. Too Many Tears
11. Don't Lie to Me
12. Wherever You May Go

 

2000年発表のこのソロ・アルバムは、念願かなってAdrian Vandenbergと一緒に作ったアルバム「Restless Heart」(1997)、アコースティック・ライブ「Stalkers In Tokyo」(1997)に続くもの。
このアルバムには、そのどちらにも入ってる(10)"Too Many Tears"が入ってるから、これが一応のハイライトになるのかな?
RHバージョンは、ドラムがきつくてハードロックバージョンという感じで、こっちは若干ソフトでロックバージョンって感じか?いや、そんなに差はないか。
曲は好きだけど、力んだ歌い方をするところが苦手。
ということで、SITバージョンが一番いいと思います(笑)

 

バラードの(04)とか、"Is This Love?" っぽいけど、これも好きだなぁ。
(11)みたいなハードロック調の曲で見せる、力んだ声がちょっと苦手でございます。
分かってくれるかい?
次回はJeff Beckの「ギター殺人者の凱旋」をレビューします!
嘘です・・・これもそもそもレビューといっていいものか。

 

Wikipediaには、このアルバムのボートラ入りバージョンもあると書かれてるけど、見たことがありません。
興味のある方は、探してください。そして、僕にも見せてください(笑)

もしよかったら 「はてブ」をよろしくお願いします。
このブログはコメント覧を設置しておりません。ご意見など、もしコメントされる場合は、「はてブ」をご利用くださればコメントできますので、よろしくお願いします。このエントリーをはてなブックマークに追加

 

≪前へ戻る   次のカテゴリー(ギター考察!)へ≫   ★速弾きギタリストの方はこちらへ≫

 

 

 

 

ハードロック・ヘヴィーメタルCD 新着ランキング
もっと見る 


新着

重要記事

関連ページ

METALLICA「METALLICA」 | miz氏の重箱の隅 vol.1
Burrn!系の音楽を中心に、ちょっとマニアックに音楽を紹介する、METAL STANCE MUSIC REVIEW のmiz氏。ここでもマニアックに書いてくれそうです。
意外と知られていない DAVID LEE ROTH BANDに参加した日本人ギタリスト | miz氏vol.2
Burrn!系の音楽を中心に、ちょっとマニアックに音楽を紹介する、METAL STANCE MUSIC REVIEW のmiz氏。ここでもマニアックに書いてくれそうです。今回は、「DAVID LEE ROTH と日本人ギタリスト!Toshi Hiketa!」
今年一番の話題にするつもりだったのに… RATTで1枚っていうと | miz氏vol.3
Burrn!系の音楽を中心に、ちょっとマニアックに音楽を紹介する、METAL STANCE MUSIC REVIEW のmiz氏。ここでもマニアックに書いてくれそうです。今回は、今年一番の話題にするつもりだったL.A. Metal Summit!が中止になり、がっかりしたmiz氏のRATTの話。
miz氏、ふらっとアメリカに… VAN HALEN「3」 | miz氏vol.4
Burrn!系の音楽を中心に、ちょっとマニアックに音楽を紹介する、METAL STANCE MUSIC REVIEW のmiz氏。ここでもマニアックに書いてくれそうです。今回は、miz氏がアメリカに行き、VAN HALENを直に感じたいとワクワクした話です。
miz氏、道に悩む、、WHITESNAKE エロいジャケット | miz氏vol.5
Burrn!系の音楽を中心に、ちょっとマニアックに音楽を紹介する、METAL STANCE MUSIC REVIEW のmiz氏。ここでもマニアックに書いてくれそうです。今回は、WHITESNAKEのエロいジャケットで有名なCome An' Get It の話し。