RB.3 リッチーピックとJAZZV | ただ、闇雲にリッチー・ブラックモアを語るコーナー

Metal,メタル,酒,音楽,ハードロック,ギター,DUNCAN

Today is a very good day to die.       ACE of SPADES !!
Sponsered Link

↑↑↓↓よろしかったら ポチッとお願いします 励みになります↓↓

RB.3 リッチーピックとJAZZV | ただ、闇雲にリッチー・ブラックモアを語るコーナー

リッチーピックと相反すると思われる、Jim Dunlop JAZZVを考える

 野球嫌いと言われているリッチー・ブラックモアは、自身のピックもホームベース型と呼ぶことを嫌っているとのことです。
まあそんなことはどうでもいいのですが、今回は前回の続編です。
かつてのテクニカル派リッチーと、他のテクニカル派ギタリストが使用していたピックの代表を比較してみました。
で、形状も大きく違うのですが、弾き心地や音が全く違うことに戸惑いながらも自分なりに出た結果をまとめてみました。
Sponsered Link

大きさなどの比較

今回比較に使用したリッチーピックは0.7mmの比較的薄めのものを使用しています。厚さを揃えられなくて申し訳ありません。

 

 べっ甲製のリッチーピックのサイズは、長さ約27mm 幅約18mm 厚さ約0.7mm 先端の開きは、約97度強の角度で、そこから12mmほどの長さでまっすぐに次の角まで伸びています。

 

 

 

 

 方やこのJAZZVはナイロン素材で、長さ約25mm 幅約22mm 厚さ約1.3mm 先端のは丸く滑らかで開きは大まかに83度くらいです。

 

 

 

 JAZZVにはこの他に数種類のラインナップがありますが、上記と同様のタイプではさらに大きなサイズのXL SERIESがあり、こちらは長さ約30mm 幅約25mm 厚さ約1.3mmです。

 

 

ホールド感や弾き心地

 つづいて、ホールド感と弾き心地のほうですが、分けてみました。

 

リッチーピック

案外リッチーピックは小さくても指に張り付く感じがして力もいらず、楽に持つことができます。
先端がシャープなので、鋭くアタックが効いた音で、ジャリジャリ感も出せます。小さくピッキングしてもアタックは強く、極々先端だけで弾く方がいいかと思います。低音弦の巻き弦に対しては、アングル角度をうまくコントロールすることで、疑似的に歪感を出すことができます。このピックのポイントはあまり力強く握らないで弾くことではないでしょうか。エッジが削れてくるとかなりピッキングニュアンスが変わってくるので、なるべく力を抜いて削れを抑えて弾いていきたいところです。

JAZZV(小 赤)

JAZZVの方は、さらに小さく、さっと持つことは出来ず、少しポジションに戸惑います。こちらはサイズがサイズだけに、先端が少ししか出せませんので、難しいピッキングになると思います。先端が少し丸く、ナイロンのつるっとした感触がマイルドなアタックで巻き弦に対してもその感覚は変わりません。ピックの引っかかりが嫌な人やノイジーな音を嫌う人にはいいと思います。

JAZZV XL(大 黒)

こちらのJAZZVXLは少し大型なだけにホールド感は抜群ですが、先端が出過ぎてテクニカル派にはどうかと思いますが、好みの範囲です。サウンドはマイルドではありますが、JAZZV小に較べるとアタックが強くなる傾向だと思います。
JAZZVに関しては削れに強く長持ちが期待できます。

 

個人的感想

自分的には、やはりリッチーピックの方が好きな感じ。難しさがあって音のシャープさが魅力。このピックから数々の名曲が生まれたんだなっていう特別感があります。トレモロピッキングなどを多用していたころのリッチーの荒々しくも繊細な音。このピックで弾きこなすのは難しいんですが、モノにできればサウンドに幅が広がること間違いなし。このことから私はマーシャル+ストラトにリッチーピックを加えて初めてリッチーサウンドが完成されるとまで言いたくなります。先端の直線的な角度や素材の違い、非常に特別なピックです。このピックを持って感じることは、より小さく弾くことだなと思いました。
方や、JAZZVですが、リッチーピックとは方向性が違います、やはり。先端をギリギリまで使ってもリッチーピックほどのシャープさは出ませんが、逆にマイルド&レガートではこちらに分があります。ピッキングノイズを抑えてインテリジェンスに弾きたい方はこちらだと思います。素材がナイロンだけに滑りやすく、リッチーピックに較べ、少し適当に弾いてもそれなりに弾けるように感じます。ただ、こちらも先端が少ししか出ないため、小さく弾く必要があるのはリッチーピックと同じようです。

もしよかったら 「はてブ」をよろしくお願いします。
このブログはコメント覧を設置しておりません。ご意見など、もしコメントされる場合は、「はてブ」をご利用くださればコメントできますので、よろしくお願いします。このエントリーをはてなブックマークに追加

≪前へ戻る  次へ進む≫

 

迷ったらサイトマップへGo!

 

シリーズ [ポール・ギルバートに見るピッキングの極意]  を読む≫

 

オススメな使い方だよ「オリジナルな使い方でいいと思う | iRig2とBIAS」スゴイ
弦飛びピッキングは覚えたかな?「ストリングスキッピングの活用方法 | @初心者でも覚えれば、フルピッキングよりも楽に弾ける
CDランキング
Sponsered Link
ハードロック・ヘヴィーメタルCD 新着ランキング
もっと見る 


新着

重要記事

関連ページ

ARCH ENEMY
2006.10.02の日記 ARCH ENEMYと共演のチャンス !! いきなりこんなメールが来た。
ある日の日記 | IN ROCK!
ACE of SPADESの店主が高校時代に遭遇した劇的なIN ROCK! これがすべての始まりだった。
ある日の日記 | IN ROCK!U
SPADES店主の始まりの始まり。ロックへの目覚め。
RB.1「ハゲ」 | ただ、闇雲にリッチー・ブラックモアを語るコーナー
このコーナーは勝手気ままに、ただ、闇雲にリッチー・ブラックモアを語るだけにしてみようかなと思います。そういうことなので、支離滅裂でもいいということにします。さて、なぜリッチー・ブラックモアを取り上げるかといいますと、数々の逸話や音楽業界とミュージシャンにに与えた影響も多く、変人とか首切り魔とか呼ばれながらも、古くから活動していていまだに現役なのはこの人しかいない。それに、このブログでも割とちょくちょく検索してくれる人があり、私自身のギター歴のルーツみたなもんなので、なんか書いてみようかなと、軽い気持ちで考えました。でもリッチー・ブラックモア本人が見たら、ギターで殴ってきそうな内容になるかもしれない。wwwどうか本人が検索しないように祈ります。初回は「ハゲ」。もうわかりますよね、、、
RB.2 ホームベース型ピックの効能 | ただ、闇雲にリッチー・ブラックモアを語るコーナー
このコーナーは勝手気ままに、ただ、闇雲にリッチー・ブラックモアを語るだけにしてみようかなと思います。そういうことなので、支離滅裂でもいいということにします。さて、なぜリッチー・ブラックモアを取り上げるかといいますと、数々の逸話や音楽業界とミュージシャンにに与えた影響も多く、変人とか首切り魔とか呼ばれながらも、古くから活動していていまだに現役なのはこの人しかいない。それに、このブログでも割とちょくちょく検索してくれる人があり、私自身のギター歴のルーツみたなもんなので、なんか書いてみようかなと、軽い気持ちで考えました。でもリッチー・ブラックモア本人が見たら、ギターで殴ってきそうな内容になるかもしれない。wwwどうか本人が検索しないように祈ります。今回はリッチーのピックです。意外に素晴らしいこのピックの秘密は、、、