24. ピッキンングに効く「リフ筋」とは何か? | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意

Metal,メタル,ピッキング,音楽,ハードロック,ギター,ポール・ギルバート

Today is a very good day to die.       ACE of SPADES !!
Sponsered Link
↑↑↓↓よろしかったら ポチッとお願いします 励みになります↓↓

24. ピッキンングに効く「リフ筋」とは | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意

ピッキングの鍛え方。ついついソロ用の速弾き練習にばかり力が入ってしまいがちなんですが、これだとバッキングの方がおざなりになります。それに、ゆっくりから練習してだんだん速く弾けるようにとがんばってもなかなか上手くならないし、スピードアップもできない。結構そんなことは多いと思います。
 私はいつも力を抜くためのウォーミングアップとして、過酷なバッキングリフを弾くようにしています。

 

メタリカでリフ筋を鍛える

 私の場合はちょくちょくポール・ギルバートから離れて違う練習をします。違うギタリストのソロであったり、全く違うジャンルであったりと。そうやって一旦ポール・ギルバートから離れておいて、またポール・ギルバートの練習に戻ると、格段に上達していることがあります。前よりも力が抜けて細かく弾くことが出るようになります。人は同じ練習ばかりだとなかなか上手くならずに、別の所へ出張修行するとレベルが上がるんですね。

 

リフ筋とはなんぞやよ

 リフ筋と言う風に言っていますが、この呼び名は私独自のものなのです。肘から先の指を動かすための筋肉の集まりがありますが、そのあたりを「リフ筋」と名付けています。
 私のリフ筋の鍛え方は、メタリカのバッキングが一番合っていますのでよく使います。連続した速いリフを弾き続けると、だんだんとキツくなっていきますが、ここから先が勝負どころで、曲を終わりまで続けられるかがポイントです。中盤まで続けていくとどんどん力が入っていき、おおざっぱになり、ミスと遅れが生じてきますが、どんなにボロボロのプレイでも最後までついていきます。方法は単純にこれを繰り返すだけです。しかし1回8分はキツいですよ。(Disposable Herosの場合で)

具体的な方法

 でも、このキツいリフは私にとっては心地よく、だいたい曲が終わるころには力が抜けだし、楽なバッキングに変わってきます。そうして一旦曲が終わってもまた最初から始めます。別曲でもいいです。で、これを何度か繰り返すうちに、完全に力の抜けたリズミックなリフが完成しています。その際私流では、指先に意識を集中させないことを心がけています。これは、ピックを持つ力をできるだけ抜き、指の屈伸に頼らずに均等な力加減でピッキングすることで、タイトなリフが弾けると信じているからです。指の屈伸で細かく弾く人もいますが、私の場合は手刀の支点ピッキングを目指していますので、指はなるべく使わない方向で弾いています。指先に力を入れると手首のしなやかさが失われますので、ミュートをしながらでも柔らかくなるよう弾いています。アクセントをつける時には、大きく振りかぶりますので手首のしなりが必要なのです。
 そうやって仕上げた腕を触ってみると、熱くなっている部分があります。それがこの部分です。

 

 

 

 長らくメタリカを弾いていると容易に力を抜くことができてきます。じゅうぶん腕の筋肉が鍛えられ、かんたんに力を抜く筋力ができると考えています。追い込んでいくと力を抜きながら速さもアップしていきます。
 これに対しポール・ギルバート奏法では、正確に弾くことを前提としているため、徐々に速くしていく進め方をしていますが、これだけだと、最高速のピッキングをさらにアップさせることまではできません。まず、耐久力が足らないので、スピードアップには耐久力の練習も必要です。

何がネックになっているか
  • 最高速をどれだけ持続できるか
  • さらにスピードを上げられるか
  • スピードを上げても力を抜くことはできるか

これらの問題をクリアしていないといけません。でないと今持っているスピードの範囲内でのポール・ギルバート奏法しかできません。
耐久力といえば、「速弾きを5分弾いて1分休みのワンセット」を以前紹介しましたが、どうでしょう?これはかなりきついでしょう?それに退屈です。でも耐久力をつけるのにはいいですよ。実際にやった人ならわかりますが、超ストイックで気が変になりますけど。で、その効果は、あるにはありますが、ある一定のフレーズには効きます、たしかに。ですが、オールマイティーではないところもあり、それが時間の無駄と言う考えもあります。ならば、もっと楽しく1時間を使ってみるとしたら、曲に合わせた練習なら良いんではと思います。
Sponsered Link

 

どんな曲を選ぶか

さきほど、「あるにはある」と言いましたが、これを知っておいてください。先ほどの耐久練習「速弾きを5分弾いて1分休みのワンセット」ではソロ用にフレーズを弾いていきますよね。この時のピッキングは1弦だけの連続であったり、ボックスフレーズであったりを延々と繰り返す。この動作で左手も鍛え、シンクロ率も上がる。そんな感じですが、これだとピッキングの可動パターンが狭くなりがちなんです。バリエーションが偏るって言った方がいいかな。偏ると得手不得手がでてきます。得意なものはどんどん上手くなり、不得意なものは全くできない。これを何とかしたいので、多様なパターンを練習する必要があります。
 今までは速弾きが上手くなるには可動範囲を小さくしてより効率を上げよと唱えてきました。でも、これは一部の速弾きフレーズに対してだと思ってください。全体的に上手くなるには、大きく動かすこともできないとなんにも弾けません。

ふたつのピッキングパターンを練習する
  • ソロ用のピッキング、特に速弾きに関しては、ピックの当たる箇所が小さく、ストロークも小さくなった動きを覚えていきます。L薬指を強化しつつピッキングも鍛える
  • 対してスラッシュメタルに代表される連続した耐久リフは、リズム中心なので、アタックをつけるための大振りもソロに比べて派手な動きです。ピックの当たる箇所も大きく深くすることもできるコントロール。この違いが上達の秘訣です。

 日頃弾いているものと違うものを練習すると、脳が新しい法則を覚えようとします。この時体がフレーズを覚えていく過程で、新しいパターンで筋肉が鍛えられるのですが、動きが初めてで慣れていないのでキツく感じます。でも、これを乗り越えていくと徐々に楽になっていき、そのうちに自分のものになっていきます。この結果の段階でも少しの上達があり、今まで難しかったフレーズが楽にできるようなったりします。
 こういった練習で選ぶ曲はどんなものでもいいとは思いますが、私はなるべく腕をいじめるほうがいいので、メタリカをよく使います。
 この中でもDisposable Herosはかなり腕をいじめますので好きですね。イントロはダウンのみでキツく、先へ行くにしたがって、複雑なパターンを延々と繰り返す。急に速いリフになったりスピードダウンしたりと大変ですが、終わるころには結構楽になっています。これは個人的な好みなので、いろいろ試してみたらいいと思います。
ちなみに、0:54あたりから始まるパートは一人二重奏で弾くようにしています。(ジェイムスの低音を弾きながら、間にカークのコードの鳴らしっぱなしを弾きます)フフフ、、、

 

この曲のリフはピッキングの練習に最適です。
Disposable Heros

 

 これを何度も弾いてポール・ギルバートフレーズを弾くと、最初は戸惑います。力加減とストロークとアングルや深さなどのパターンをにわかに忘れているのです。でも、少し経てばすぐに思い出し、前よりも楽に弾ける自分がいます。
 ※筋肉反射を使った練習を言われている方がいますが、それとはちょっと違いますので、そこのところはご理解ください。

リフ筋強化法は

  • 目標のスピードに合わせて弾き続けることによって、ピッキングの振りが一定になっていき、力を向抜くことができる。
  • これを繰り返すことで、さらに次の目標でスピードを上げる。慣れてくると力が抜ける。
  • これはソロ用の練習よりも、バッキングリフで実行する。(低音弦の使い方を熟知する)
  • 多少の修正は必要ですが、ソロも上手くなる。(低音弦リフは振り幅が大きいので小さくできるように修正)

耐久練習を繰り返すことで力が抜けて、より楽に弾ける。
こういう結果が期待できるのです。 
 これも経験です。ひと夏の経験、、、夏休みにこういう練習をすると上達しますよ、ってお話でした。汗!

 

 

 

ハードロック・ヘヴィーメタルCD 新着ランキング
もっと見る 


新着

重要記事

関連ページ

@本当は教えたくない、ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。
A正しいフォーム? | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。
B見ておくべきピッキング | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
C上手い人を視ろ!戦略! | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
D世界初解析! ポールのピッキング | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
Eピッキングに悩む人だけに、こっそりと | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
F速スギ弾きで横振りを薦めない理由 | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
Gできる!イングヴェイ式ピッキング | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意。今回はイングヴェイ式ピッキングです。
H驚異的!ハミングバードピッキング | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、ハミングバードピッキング。
Iインギー、必要に応じてピッキングは使い分ける | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、ハミングバードピッキングの続き。
Jたった1時間で確実に上達する練習法 | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、できるかな?この練習。
K薬指を鍛えると脳が刺激されて認知症になりにくい | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、薬指の話。
L薬指を強化しつつピッキングも鍛える | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、薬指の話。
M基本はアウトサイドピッキングを鍛えること | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、アアウトサイド・ピッキングの話。
N誰も知らない支点を理解すれば楽々ピッキング | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、アアウトサイド・ピッキングの話。
O左手をレッツ・チェック!でピッキングは上手くなる | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、クロマチック、ホールトーンの話。
Pスリー・ノート・パー・ストリング・スケール | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、スリー・ノート・パー・ストリング・スケール。
Qピッキングの規則性を知って広く弾く! | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、スリー・ノート・パー・ストリング・スケール。
Rモードからブルーススケールまでも速弾き | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、スリー・ノート・パー・ストリング・スケールの続き。
Sストリング・スキッピングの法則を覚える | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、ストリング・スキッピングで使うピッキングの法則を覚える。
21. Zakkのピッキングはワイル度高過ぎ? | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回はザック・ワイルドのピッキングを見てみる。
22. マニアックなスウィープとスキッピング | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回はマニアックなスウィープとスキッピング。
23. スキッピングを自由自在に操る | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回はスキッピングのバリエーションを紹介します。
25. マイケル・シェンカーとの類似点 | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回はマイケル・シェンカーのピッキングとアングルについて。
26. 逆アングルのピッキングのリスク | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回は逆アングルのピッキングについて。
27. ズルいテクニックほどカッコイイ | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回はズルいバッキングテクニックについて。
28. Dr.シーゲルの信者 | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回はDr.シーゲルこと成毛滋氏について。
29. アングルの違いによる音の変化検証 | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回はアングルの違いによる音の変化を検証。
30. リッチー・ブラックモアの不思議 | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回はリッチーの不思議を検証。
31. リッチー・ブラックモアパクリ疑惑 | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回はリッチーのパクリ疑惑を検証。
32. 音楽学校MIのキース・ワイアット | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回はポール卒業のMIのキース・ワイアット校長。
33. スティーヴ・ヴァイとJamで | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回はポールがスティーヴ・ヴァイとJam。
34. オルタネイトピッキングとアングル | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回はポールがオルタネイトピッキングとアングルを解説。
35. エコノミーピッキングの第一人者 | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回はエコノミーピッキングの達人、フランク・ギャンバレを紹介。
36. オルタネイト派かエコノミー派か | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回はオルタネイト派とエコノミーピッキングの比較。
37. 究極のストリング・スキッピング | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回は究極のストリング・スキッピング。
38. BABYMETAL 神バンド 大村孝佳の高速ピッキング | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回はBABYMETAL 神バンド 大村孝佳の高速ピッキング。
39. BABYMETAL 神バンド 藤岡幹大はマルチギタープレーヤー | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回はBABYMETAL 神バンド 藤岡幹大のマルチギタープレーヤーぶりを紹介。
40. 大村、藤岡推奨のサークルピッキングを解く | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回はBABYMETAL 神バンド 大村孝佳、藤岡幹大のサークルピッキングについて。
41. ギターを弾くための筋トレ科学 | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回は筋トレ。ギタリストに必要な筋トレについて。