Sストリング・スキッピングの法則を覚える | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意

Metal,メタル,ピッキング,音楽,ハードロック,ギター,ポール・ギルバート

Today is a very good day to die.       ACE of SPADES !!
Sponsered Link
↑↑↓↓よろしかったら ポチッとお願いします 励みになります↓↓

Sストリング・スキッピングの法則を覚える | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意

ピッキングの極意といっても、フルピッキングがすべてではありません。安定したピッキングをするためには、ピッキングしない部分も用意しないといけないと思います。いつも同じフォームの同じピッキングでは、フレーズもマンネリ化して面白みに欠けるでしょう?変幻自在にピッキングを変えることで、躍動感が生まれ、かつ、右手の休憩も出来るということです。www

 

ストリング・スキッピングはスリー・ノート・パー・ストリング・スケールと共に重要

ポール・ギルバートのプレイにおいて、ストリング・スキッピングはスリー・ノート・パー・ストリング・スケールと共に重要な奏法です。私も体に身に付くまで何度も練習しました。その結果、力を抜くことが出来たのかもしれません。なぜなら、四六時中フルピッキングしていたら、ドンドン力が入り、腕がパンパンになって熱くなって肘まで痛くなることがしょっちゅうでしたから。それが、ストリング・スキッピングでピッキングの数を減らしたことで、リズムコントロールやアクセントのメリハリをつけることが出来るようになりました。バッキングのリズムピッキングも力を抜くことを覚えることが出来ました。

 

まずは力を抜く

最初から力を抜けといっても意味がわからないでしょう。
しかし、ストリング・スキッピングでは弦を飛び越えることが多いことから、右手の振り幅を大きくしたり小さくしたりと、常に移動ばかりです。以前の弦飛びフレーズでは間違った弦に当たり易く、なかなか難しい部類の奏法だったのを、ストリング・スキッピング独特のピッキングでその法則を覚えれば、速弾きも楽勝で力を抜いたプレイになります。

 

まずは動画を見てみましょう

 

どうでしょうか?なにかつかめましたか?
これだけではわかりづらいので、いつものように譜面も用意しました。

 

ではリックを見てみましょう

まずストリング・スキッピングの特徴は、変則的なピッキングを使用していることを理解しないといけません。従来通りのピッキングでは、ダウンから始まり、規則的に弾きますが、ストリング・スキッピングでは外々から弾く、アウトサイドピッキングを無意識的に使うことに慣れていないといけません。その法則は、以前も書きましたが、飛び越す弦に絶対ふれないようなピッキングです。例えば、1,2,3と弦があり2弦を弾かないのであれば、絶対に2弦に触れないピッキングは1弦アップ、3弦ダウンです。これに4弦が加わったとすれば、4弦もダウンになるという変則的ピッキングになります。こうなると、1本の弦上で高速にトレモロを繰り返すピッキングだけの練習しかしていない人は、何もできず、ただただミスを連続するだけです。が、そこにストリング・スキッピングが使えると、余裕が増え、次のフレーズに備える準備も楽にでき、ミスが減るでしょう。以下は前の記事ですが参考にしてください。今回はこの記事と重複するところもありますが、おさらいと言うことで御勘弁ください。

 

ストリングスキッピングの活用方法 | @初心者でも覚えれば、フルピッキングよりも楽に弾ける
ストリングスキッピングの活用方法 | Aスウィープよりも正確なリズムで楽に弾ける

 

リック27 アップから始まるスリング・スキッピング

アップ、ダウン、ダウンの不規則ピッキングですが、速弾き用とは違い、ピックを多少深く入れても構いません。スピードはそこまで意識しません。ハンマリングとプリングの併用がありますのでその間に弦移動をすればいいだけです。

 

リック28 ピッキング回数はごく少ない

ピッキングの数はより少なく、ハンマリングとプリングが中心です。リズムにのれるよう練習します。

 

リック29 ここまでの合わせ技

27と28のミックスです。滑らかに弾けるよう練習します。これが弾ければだいたいOK。あとは応用です。

 

リック30 薬指の強化に最も効くフレーズです。

これは難しいです。1,2弦の5フレットは薬指指定です。絶対守りましょう。これが今からのあなたの上達ポイントです。
薬指の屈伸が要求される最も難しいフレーズです。
これが通常の速度で弾けるようになれば、左手のコントロールも完璧でしょう。右手とのコンビネーションが出来ている証拠です。

 

リック31 通常はフルピッキングのところ

これはよく映像を見て判断してください。ここではピッキング指定をしていません。ご自分で解釈した弾き方に変えてもいいです。とにかく慣れていればダウンなのかアップなのか自然と動いてきます。この中に連続したフルピッキングを入れてもいいです。好きなようにアレンジしてみてください。

 

 

 

だいたいこれらを習慣づけていれば、力を入れることもないでしょう。
むしろこれで力を入れてしまったらリズムが乱れてしまい、他の弦に触れたりしてノイズが発生してしまうと思います。
極力指先から意識をなくし、支点の先にある作用点が弾いているという意識に変えてみたら、案外力が抜けてきます。そして、ストリング・スキッピングでは間にフルピッキングを入れたとしても、ごく少しの間なので、力が入る余地もないでしょう。仮に力が入ったとしても長く弾かないので、コントロールされたピッキングができると思います。
記事としては少ないのですが、この項は重要ですのでよくチェックして何度も見ながら練習しましょう。

 

 

 

ハードロック・ヘヴィーメタルCD 新着ランキング
もっと見る  Sponsered Link
新着

重要記事

関連ページ

@本当は教えたくない、ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。
A正しいフォーム? | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。
B見ておくべきピッキング | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
C上手い人を視ろ!戦略! | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
D世界初解析! ポールのピッキング | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
Eピッキングに悩む人だけに、こっそりと | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
F速スギ弾きで横振りを薦めない理由 | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
Gできる!イングヴェイ式ピッキング | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意。今回はイングヴェイ式ピッキングです。
H驚異的!ハミングバードピッキング | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、ハミングバードピッキング。
Iインギー、必要に応じてピッキングは使い分ける | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、ハミングバードピッキングの続き。
Jたった1時間で確実に上達する練習法 | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、できるかな?この練習。
K薬指を鍛えると脳が刺激されて認知症になりにくい | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、薬指の話。
L薬指を強化しつつピッキングも鍛える | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、薬指の話。
M基本はアウトサイドピッキングを鍛えること | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、アアウトサイド・ピッキングの話。
N誰も知らない支点を理解すれば楽々ピッキング | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、アアウトサイド・ピッキングの話。
O左手をレッツ・チェック!でピッキングは上手くなる | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、クロマチック、ホールトーンの話。
Pスリー・ノート・パー・ストリング・スケール | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、スリー・ノート・パー・ストリング・スケール。
Qピッキングの規則性を知って広く弾く! | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、スリー・ノート・パー・ストリング・スケール。
Rモードからブルーススケールまでも速弾き | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、スリー・ノート・パー・ストリング・スケールの続き。
21. Zakkのピッキングはワイル度高過ぎ? | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回はザック・ワイルドのピッキングを見てみる。
22. マニアックなスウィープとスキッピング | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回はマニアックなスウィープとスキッピング。
23. スキッピングを自由自在に操る | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回はスキッピングのバリエーションを紹介します。
24. ピッキンングに効く「リフ筋」とは何か? | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回はメタリカの曲で腕のリフ筋を鍛えます。
25. マイケル・シェンカーとの類似点 | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回はマイケル・シェンカーのピッキングとアングルについて。
26. 逆アングルのピッキングのリスク | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回は逆アングルのピッキングについて。
27. ズルいテクニックほどカッコイイ | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回はズルいバッキングテクニックについて。