25. マイケル・シェンカーとの類似点 | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意

Metal,メタル,ピッキング,音楽,ハードロック,ギター,ポール・ギルバート

Today is a very good day to die.       ACE of SPADES !!
Sponsered Link
↑↑↓↓よろしかったら ポチッとお願いします 励みになります↓↓

25. マイケル・シェンカーとの類似点 | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意

 マイケル・シェンカーの音は、機材のコピーで似せたサウンドは出来ても、弾くとなかなかあの音にはなりません。おそらくその秘密は、誰よりもアタックの強いピッキングだと思います。これはピックの独特な握り方やアングルなどの違いがそうさせるのだと思います。

ポール・ギルバートに似た印象

最近ポール・ギルバートとマイケル・シェンカーに、少し類似点を感じるのです。イングヴェイ・マルムスティーンがリッチー・ブラックモアの印象なら、ポール・ギルバートがマイケル・シェンカーの印象だという感じです。
ま、これは個人的な意見なので反論されても何とも言えませんが。

バッキングではあの支点のピッキング

 まずはバッキングでの、このフォームを見てください。若干手首支点ですが、手のひらを被せずに柔らかく屈伸しながら弾いています。
ブリッジのミュートを必要とするリフなのですが、終始ガチガチにミュートしていません。アクセントになる部分では大きく振りかぶってノンミュートから一気にピッキング。6弦を小さく刻むときにミュートが入る。肘から指先までが鞭のようにしなって強弱の大きさが見えます。手のひらを被せていないので手首を横に振ることはできませんから、手刀に支点を置くピッキングに近いと思います。

 以前の記事の説明に近い部分があります。ソロ用として解説したので若干動きは違いますが。
D世界初解析! ポールのピッキング
Eピッキングに悩む人だけに、こっそりと
F速スギ弾きで横振りを薦めない理由
N誰も知らない支点を理解すれば楽々ピッキング など、参考にしてください。

 

 上の写真はイントロのバッキングですが、次の動画でも見て確認してください。

 柔らかい動きが無理なくバッキングリフのリズムを刻んでいます。まったく力は入っておらず、抑揚があり、安定のリズムを感じます。

 

 

 こちらはポール・ギルバートのプレイ。マイケルと比べてさほど共通点を感じる人はいないと思いますが、バッキングのリズムのアタックのつけ方とかに何かを感じます。
やはり力は入っておらず、非常ににリズムを感じます。初心者の人はこの辺を見習ってほしいと思います。
Paul Gilbert Street Lethal Backing

Mr.BIGメドレー

Sponsered Link

 

ソロプレイ

 これはおもしろいです。まずはポール・ギルバートから、今までずっと見てきたので今更なんですが、今から注目するところは、力加減の部分です。このあたりを注意して観てください。
Paul Gilbert solo

 

 こちらはマイケル・シェンカーです。ポールのアタックに負けないアタックの強さですが、全然力は入ってないようです。このあたりは共通の印象を受けました。
ただ、マイケルの方が若干横振りタイプで、6弦側と1弦側で手のひらの被せ方を変えているところが不可解なんですが。
あと、個人的に気になるのが、6弦側のブリブリいう音です。ポールのプレイでよく聞ける粒のそろったブリブリ音は、ほかではあまり聞かないのですが、ここで近いものを感じました。(多分これも私だけが感じているものだと思います)これは、ピッキングの深さや力加減が均等になっていることからだと思います。
Michael Schenker  Picking

 

ピックの選び方と持ち方

(このブログでは独自にアングルの種類を正アングル、逆アングル、フラットアングルと呼んでいます)

 ポール・ギルバートのピックの持ち方は現在ごく一般的なタイプではないかと思います。ですが、かつては強い逆アングルで弾いていたそうです。(この件に関してはまた別の記事で)
 対してマイケル・シェンカーはかなり曲者で、ティアドロップのピックのとがった部分を使わずに、丸い部分を使っていると言っています。さらに下のインタビューでは見えませんが、滑り止めのギザギザ(ツブツブのこと)を使って引っかかるのが好きなようです。このころはHERCOのピックを使っている時期だと思います。90年代からはジムダンロップのナイロンスタンダード0.88mmを使っているという事なんですが、いずれにしても通常の弾き方ではツブツブの部分はあたらないでしょう。

 

Michael Schenker  Pick

丸い部分は普通の弾き方ではマイルドなトーンになるんですが、マイケルのトーンはアタックが鋭いです。そこでよーく観察してみました。

25. マイケル・シェンカーとの類似点 | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意

 ほぼ、フラットアングルで、弦と平行にピックを当てていますが、たまに逆アングル気味が出てきます。さらに寝かせる角度もボディーに対してほぼ垂直でピックが立っています。これはかなり珍しいと思います。ですが、これを基本に指の屈伸を使ってアングルを正逆行ったり来たりしてみたり、寝かせ方の状態も変えたりはしています。寝かせ方が垂直ということはピックの軌跡はボディーに平行だということが分かります。これでわかるのは、ピックの握り以外はかなり素直な弾き方をしているので、音抜けがよくギター本来の音を出せているのだと思います。
 シェンカーサウンドの秘密はここにあるのではないでしょうか?ふつう人のようにピッキングのアングル角度が付いていると、ピックのツブツブの面をが当たらないですから、アングルをゼロにして弾くのではないかと思います。こうして得られる音はジャリジャリした音になります。さらに揺れている弦にピックの面を当てると、ペシッと鳴る音もエッジを使う時と違いますし、音抜けもいいです。

 

マイケル・シェンカーピック

by カエレバ

 

by カエレバ

 

ポール・ギルバートピック

by カエレバ

 

ポール・ギルバートのピックはマイケルのピックとは全く異なり、握り方もアングルのつけ方も似た部分はあまりないと思います。それでも強烈なアタックと音抜けがいいところは共通の部分であることは間違いないでしょう。

 

 

 

ハードロック・ヘヴィーメタルCD 新着ランキング
もっと見る  Sponsered Link
新着

重要記事

関連ページ

@本当は教えたくない、ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。
A正しいフォーム? | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。
B見ておくべきピッキング | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
C上手い人を視ろ!戦略! | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
D世界初解析! ポールのピッキング | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
Eピッキングに悩む人だけに、こっそりと | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
F速スギ弾きで横振りを薦めない理由 | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
Gできる!イングヴェイ式ピッキング | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意。今回はイングヴェイ式ピッキングです。
H驚異的!ハミングバードピッキング | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、ハミングバードピッキング。
Iインギー、必要に応じてピッキングは使い分ける | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、ハミングバードピッキングの続き。
Jたった1時間で確実に上達する練習法 | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、できるかな?この練習。
K薬指を鍛えると脳が刺激されて認知症になりにくい | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、薬指の話。
L薬指を強化しつつピッキングも鍛える | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、薬指の話。
M基本はアウトサイドピッキングを鍛えること | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、アアウトサイド・ピッキングの話。
N誰も知らない支点を理解すれば楽々ピッキング | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、アアウトサイド・ピッキングの話。
O左手をレッツ・チェック!でピッキングは上手くなる | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、クロマチック、ホールトーンの話。
Pスリー・ノート・パー・ストリング・スケール | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、スリー・ノート・パー・ストリング・スケール。
Qピッキングの規則性を知って広く弾く! | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、スリー・ノート・パー・ストリング・スケール。
Rモードからブルーススケールまでも速弾き | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、スリー・ノート・パー・ストリング・スケールの続き。
Sストリング・スキッピングの法則を覚える | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、ストリング・スキッピングで使うピッキングの法則を覚える。
21. Zakkのピッキングはワイル度高過ぎ? | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回はザック・ワイルドのピッキングを見てみる。
22. マニアックなスウィープとスキッピング | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回はマニアックなスウィープとスキッピング。
23. スキッピングを自由自在に操る | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回はスキッピングのバリエーションを紹介します。
24. ピッキンングに効く「リフ筋」とは何か? | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回はメタリカの曲で腕のリフ筋を鍛えます。
26. 逆アングルのピッキングのリスク | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回は逆アングルのピッキングについて。
27. ズルいテクニックほどカッコイイ | ポール・ギルバートに見るピッキングの極意
ギター奏法をあらゆる角度から、追求と追及と追究をする。ギターを弾いたり、改造したり作ったり、ギター考察のコーナー。見ておくべきピッキング、 ポール・ギルバートに見るピッキングの極意、今回はズルいバッキングテクニックについて。